腰痛ベルトで治す
シュモール結節

院長 吉池 弘明 院長 吉池 弘明

更新中 2023.02.16

シュモール結節は、腰痛ベルトで治りますか?

<シュモール結節の腰痛を治す!>腰痛ベルト 長野市 K.I.様

お腹の手術をしてしばらくしてから腰痛が悪化しました。手術は成功したのですが、腰の痛みで動けません。鍼治療と腰痛ベルトで治すことができますか?

愛知県 R.T.様

はじめまして、森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で、腰痛ベルトを使った腰痛の治療に取り組んでいます。

シュモール結節は椎間板ヘルニアの一種です。 椎体の中に椎間板の髄核が飛び出るヘルニアが数か所の椎間板で起こります。鍼治療でインナーマッスルを柔らかくし、腰痛ベルトで背骨の動きを整えることで、シュモール結節が起こるのを防ぐことができます。

シュモール結節の腰痛で悩んだらご相談ください。
きっと力になれるはずです。

院長 吉池 弘明

  • シュモール結節に使う腰痛ベルト


    午前中

    シュモール結節の腰痛【バックレスキューツインベルトチタン】シュモール結節の腰痛を治療する腰痛ベルト
    腰と骨盤を補強する腰痛ベルト
    ツインベルトチタン

    午後

    シュモール結節の腰痛【ハードガード・ソフト】シュモール結節の腰痛を治療する腰痛ベルト
    椎間板を安定させる腰痛ベルト
    ハードガード・ソフト

    睡眠中

    シュモール結節の腰痛【ガードスリム・ソフト】シュモール結節の腰痛を治療する腰痛ベルト
    腹筋を補強する腰痛ベルト
    ガードスリム・ソフト

    曲げ伸ばしで痛む時は、骨盤と腰を補強できる腰痛ベルトを使いましょう。歩くことが多い時は、背骨がずれないように椎間関節を補強できる腰痛ベルトがおすすめです。座っていることが多い時は、お腹の力が抜けると背骨がぐらつきやすいので腹筋を補強できる腰痛ベルトが効果的です。

    腰痛ベルトについて相談する
    ご愛用者様の声
    ご愛用者様の声 長野市 K.I.様

    腰痛ベルトを使い分けるようになってから不安がなくなってきました。今は鍼治療もあわせて通っています。調子もいいようです。

    愛知県 R.T.様

  • 患者様のレビューをもっと見る

    • 長野県 A.K.様

      タイトルを準備中です。

      長野県 A.K.様

      ご購入者様のレビューを準備中です。

      院長の回答を準備中です。

      院長がお答え致します。

      院長 吉池 弘明

      院長 吉池 弘明
  • シュモール結節

    シュモール結節の原因

    原因は・・・そこだけ動くため!

    背骨全体がスムーズに動くと、一部分の椎間板に負担がかかることはありませんが、背骨に、動く部分・動かない部分ができると、動く部分だけに負担がかかって、椎間板を痛めます!

    椎間板を、ちょこっと痛めるとギックリ腰に。
    椎間板が後ろに飛び出るとヘルニアに。
    上に飛び出るとシュモール結節 になります。

    シュモール結節の症状

    通常のギックリ腰と同様の症状になります

    患者様は腰が弱いという表現をすることがあります。背骨の椎体の中は、比較的神経が少ない場所なので、椎体内に突出した椎間板の髄核自体が痛みを出すことはあまりありません。椎間板が薄くなったことによって、腰の関節のかみ合わせが変わり腰痛がでます。比較的椎間板に負担がかかる自動車の運転や、デスクワークで腰の痛みが悪化します。

    ギックリ腰を繰り返すごとに座るのが不得意になります

    シュモール結節の腰痛 MRI画像

    シュモール結節の腰痛MRI画像

    シュモール結節自体はさほど痛くありませんが・・・。椎間板がとび出た分、上下の背骨のかみ合わせが変化するので、座っていると腰痛がでやすくなります。

    治療

    痛み止めや、炎症を抑えるステロイドが使われます。
    痛みや炎症が抑えられた後は、抗リウマチ剤を使って、その後の悪化を防ぎます。

    椎間板が飛び出るのを防ぐために、 腰痛ベルトを一緒に使用しながら治療 しましょう。

    腰痛ベルトについて相談する
  • シュモール結節の腰痛を治す!

    腰痛ベルトを使った治療

    腰のぐらつきや、筋力の低下を補強するように、腰痛ベルトを使います。腰痛ベルトはお腹の部分の上下幅が広いタイプの腰痛ベルトを使います。素材は比較的柔らかい物を使います。

    体の硬い午前中

    曲げ伸ばしで痛むときには、骨盤と腰をしっかりと補強できる腰痛ベルトがおすすめです。腰のぐらつきを補強して悪化を防ぎます。

    体がほぐれた午後

    歩くことが多い時は、腰椎がぐらつくことが多いので腰周りをしっかりと補強できる腰痛ベルトを使います。

    安静を保てる睡眠中

    座ってることが多い時は、腹筋を補強できるタイプの腰痛ベルトがおすすめです。座ると弱くなるおなかの筋肉を補強して、腰をしっかりと保護します。

    シップ薬とリハビリ

    リズミカルシンGは、のびが良く、べとつかないゲル状の軟膏剤です。炎症を鎮めて、つらい症状に効果を発揮します。スリーファはオウバク、サンシン、アルニカの3種の生薬を配合した消炎鎮痛剤です。患部に貼って腰痛ベルトを装着すると生薬成分がゆっくりしみこみます。薬用オンセンスを使って半身浴をすることで、腰のインナーマッスルの緊張が取れるので腰痛の回復を早めることができます。

    腰痛ベルトの効果

    腰痛ベルトは、 副作用が無く原因疾患も治せる優れた方法です。 腰痛ベルトの選び方でわからない時は御相談ください。

    腰痛ベルトについて相談する
  • シュモール結節の腰痛ベルト<よくある質問>

    仕事で重い荷物を運ぶことがあるのですが、気を付けたほうがいいことはありますか?

    荷物を持ち上げる時に腰を曲げてしまうと椎間板に負担がかかって腰痛が悪化します 。腰痛ベルトで腰をしっかりと補強して荷物を運ぶようにしましょう。また、仕事以外では固定力が弱めの腰痛ベルトを使い分けると腰の機能が整います。

    運動をしたいのですが、どの程度の運動ならしても大丈夫ですか?

    激しい運動は避け軽めの運動をしましょう 。専門的なスポーツをする場合、相談フォームよりご質問していただければればそれにあった腰痛ベルトをお選びします。ご気軽にお問い合わせください。

    デスクワークが多いのですが、腰を痛めないようにするにはどうしたらいいですか?

    シュモール結節が原因の腰痛は、座っているときの椎間板の圧縮力で悪化するので、腰をそらしていれば大丈夫です。 腰かけを低くして背筋を伸ばすように座りましょう

    腰痛ベルトを使い分けずに一つだけを使っても大丈夫ですか?

    比較的症状が軽い時は使い分けをしなくても大丈夫ですが、 早く治したい方や腰の機能を正常に取り戻したい方は使い分けたほうが効果的です。

  • 著者情報

    私が書きました

    吉池 弘明

    森上鍼灸整骨院 院長

    薬に頼らない治療で、「一番患者様の役に立つ人間になる」をモットーに、西洋医学の代替医療として鍼灸治療に取り組んでいる。 日本で始めて医療用のサーモグラフィーを鍼灸の臨床に取り入れ、自律神経の鍼治療に特化することで、難病や難治性の疾患の鍼治療で成果をあげる。運動器疾患については、膝サポーターや腰痛ベルトを組み合わせて使うことでカラダの運動機能を高める独自のメソッドを開発、日本最大級の通販サイト「コルセットミュージアム」を運営。はり・きゅうの日生まれの59才

    資格

    • 1983年 ~柔道整復師資格を取得
    • 1983年 ~鍼灸師資格を取得

    主な経歴

    • 1983年 ~明治東洋医学院卒業
    • 1983年 ~安藤名倉堂鍼灸整骨院に勤務
    • 1985年 ~日本鍼灸師会所属
    • 1985年 ~全国柔道整復師会所属
    • 1985年 ~森上鍼灸整骨院を開業
    • 1995年 ~コルセットミュージアムを開業

腰痛を治す腰痛ベルト

通院できる方へ

鍼で治すシュモール結節

治療のプロがおすすめします

鍼灸師・柔道整復師が、あなたの症状にあった腰痛ベルトをメールでご提案致します。

森上鍼灸整骨院は、通販サイト「コルセットミュージアム」を運営しております。
治療の一環としてご提案している医療用腰痛ベルトを、通販サイトで購入することができます。
分からないことがありましたら、腰痛ベルトの無料メール相談にてお問い合わせください。

  • 腰痛ベルトの通販

    腰痛ベルトはこちら

  • 骨盤ベルトの通販

    骨盤ベルトはこちら

  • 膝サポーターの通販

    膝サポーターはこちら

  • 足首サポーターの通販

    足首サポーターはこちら

腰痛ベルトについて

026-248-1989

平日の 10:00~16:00

メールでの返答目安は3営業日以内です

または

治療内容や費用について

080-1042-0663

月~金 12:00~16:00 (祝は~15:00)

診察等で対応できない場合があります。

または

治療・検査のご予約

090-2469-6882

平日の 7:00~19:00 (土日・祝は~15:00)

ご要望があればお気軽にお伝え下さい。

カテゴリー