膝サポーターで治す
ジャンパー膝

ジャンパー膝のサポーター治療に取り組む鍼灸師 ジャンパー膝のサポーター治療に取り組む鍼灸師

更新 2023.02.16

ジャンパー膝の痛みがサポーターで改善!

ジャンパー膝のサポーター治療で来院された 神奈川県 H.S.様

ちゃんと保護ができてジャンパー膝でも使えるサポーターが欲しかったのですが、地元の整骨院だと取り扱いが少なくて困っていました。でも森上さんをネットで見つけておすすめのサポーターを使い始めてからは、とても膝の痛みが楽になって趣味のバレーボールに復帰することができました。

神奈川県 H.S.様

森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で膝サポーターを使った膝の治療に取り組んでいます。

ジャンパー膝は、スポーツなどでジャンプや着地、急激なダッシュとストップを繰り返すことによって膝蓋腱が痛み出します。日常生活とスポーツ時にはしっかりとしたサポーターを使うことで膝蓋腱への負担が軽減し、回復しやすい膝へと整えることができます。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

  • H.S.様が使用したサポーター


    足全体を強化

    スポーツニーガード
    大腿四頭筋を補強するサポーター
    スポーツニーガード

    膝蓋骨の動きを補強

    ニークロス
    動きを支える膝サポーター
    ニークロス

    安静時の膝をケア

    ファシリエイドサポーター
    膝を保温するサポーター
    ファシリエイドサポーター

    POINT

    歩くときやスポーツ時は 上下丈が長いサポーター を、症状が良くなってきたら 上下丈が短いサポーター に変更し、 自宅では 保温用のサポーターを両膝 に使用しました。

    膝の痛みがなくなった
    ジャンパー膝のサポーター治療で来院された 神奈川県 H.S.様

    膝が痛くなってから激しい動きは控えていたのですが、それでも痛みは続いていました。でも、サポーターを使い始めてからは断然安心感が違って、痛みが軽くなりスムーズに動けるようになりました。

    神奈川県 H.S.様

  • バレーボールをすると膝が痛む

    始めは軽い痛み、だんだんと強い痛みに

    趣味のバレーボールに通っている時に、動くと右膝が少し痛いなと感じるようになりました。そのときは湿布を貼ればすぐ治るだろうと思って特に気にかけることはせず、今までと同じように週3でプレーしていました。でも日に日に痛みが強くなって、湿布を貼っても効果なし。始めはバレーボールをするときだけ痛かったのに、たまに階段でも痛むようになりました。心配になって整骨院に行き、ジャンパー膝だろうと言われました。

  • ジャンパー膝は安静にするしかない?

    スポーツは控えて安静に過ごす

    ジャンパー膝と言われてからは、激しい動きは控えて軽いストレッチのみ。なるべく膝に負担をかけないように気を付けていました。3週間経って痛みがだいぶマシになったので、久しぶりに少しバレーボールをしてみたら、強い痛みが出てしまったのでショックでした。私の症状では、ただ安静にしていてもダメなんだと感じました。

  • ネット検索でサポーターの記事を発見

    森上鍼灸整骨院さんのサイトを見つけ、ご相談

    治す良い方法はないかとネットを見ていたら、森上鍼灸整骨院さんが紹介しているサポーターのページを見つけました。私の中でサポーターは、怪我をしないために使うものだと認識していたので、サポーターで治療をしているということを知ったときは目から鱗でした。

    近くの整骨院でも同じサポーターがあるか確認に行きましたが、種類が少なく同じものがなかったので、予約して森上さんで購入することにしました。検査をしていただいて、体が傾いていること・膝だけでなく所々に炎症が見られること・おすすめのサポーターをしっかり教えていただきました。

    その後

    購入したサポーターを使っていくうちに、徐々に痛みが軽くなっていきました。サポーターを付けていればまた膝が痛くなったらどうしようという不安がなく、自信を持って歩くことができました。治るまでに時間はかかりましたが、バレーボールを続けられていることが本当に嬉しいです。ありがとうございました。

  • ジャンパー膝にオススメのサポーター

    オススメのサポーター

    膝関節の動きに重要な太ももの筋肉、大腿四頭筋をサポーターで補強すると、足全体の強化やジャンパー膝で負担がかかる膝蓋腱への負荷を軽減することができます。ジャンパー膝は両膝に起こったり痛みがあることで膝をかばう動きになったりするので、サポーターは両膝に同じものを使いましょう

    強い痛みや不安定感を防ぐ

    重心バランスの乱れや股関節の動きに左右差があると、膝ばかりに負担かがかり怪我を誘発してしまいます。元から膝の動きを整えて症状を改善するには、上下丈が長くしっかり膝の不安定感を防ぐサポーターの装着がおすすめです。

    膝の保護や安定感保持に

    症状が少しずつ改善してきたらすぐにサポーターを外すのではなく、上下丈が短いサポーターに変更すると良いです。膝の安定を保持しながら、自然な膝の動作が可能です。

    安静時の膝をケア

    ご自宅であまり動かない時などは、保温サポーターを装着して膝を温めるようにしましょう。慢性的な膝の症状は、温めることで痛みの緩和自然治癒力の向上に効果的となります。

    外用薬と温浴剤

    リズミカルシンGは、のびが良く、べとつかないゲル状の軟膏剤です。炎症を鎮めて、つらい症状に効果を発揮します。薬用オンセンスは、体を芯から温める温浴剤です。薬用オンセンスを使った入浴をすることで、 神経痛や疲労回復に効果的 です。

    POINT

    ジャンパー膝は、着地時の衝撃を膝蓋腱が受け続けることで、膝蓋骨と膝蓋腱の付着部が変性する疾患です。膝蓋腱の修復よりも速い速度で損傷することが原因で、痛みが慢性化して治癒力そのものが低下します。サポーターで膝蓋腱を保護することで、膝蓋腱の回復を助けることができます。サポーターの選び方でわからない時は、ご相談ください。

  • 神奈川県 H.S.様から頂いた質問

    • 神奈川県からジャンパー膝のサポーター治療で来られたH.S.様

      H.S.様

      質問1:サポーターはスポーツ以外でも使った方が良いのでしょうか?
      スポーツ以外の日常生活でも、動くときはお使いいただいた方が膝の安定感が保てるので、膝への負担軽減に効果的です。日常生活でもお使いください。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 神奈川県からジャンパー膝のサポーター治療で来られたH.S.様

      H.S.様

      質問2:ずっとサポーターを付けていても筋力は低下しませんか?
      サポーターは痛みを保護しながらも通常通りの自然な動きが可能なので、特にご心配はありません。※関節を固めてしまうギプスのようなものだと、筋力低下がみられる事があります。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 神奈川県からジャンパー膝のサポーター治療で来られたH.S.様

      H.S.様

      質問3:両膝にサポーターは必須ですか?
      症状が片膝だけでも、痛みがあると無意識に体は患部をかばうようにして重心が傾いていってしまいます。そうすると痛みのない膝や他の関節まで痛みを引き起こすことが多いので、当院では両膝にサポーターを装着して重心のバランスを取ることを推奨しています。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 神奈川県からジャンパー膝のサポーター治療で来られたH.S.様

      H.S.様

      質問4:サポーターとテーピングではどちらの方が膝には良いですか?
      サポーターの形状や材質にもよりますが、しっかりぐらつきを安定させつつ動きやすさをお求めの場合は、サポーターをお使いいただいた方が宜しいと思います。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 神奈川県からジャンパー膝のサポーター治療で来られたH.S.様

      H.S.様

      質問5:サポーターは洗えますか?
      洗濯は可能です。取扱説明書にお手入れ方法が記載されているので、必ずご確認ください。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

  • 著者情報

    私が書きました
    森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

    吉池 加奈

    鍼灸師・柔道整復師

    各国の民間医療を学ぶ。特に、韓国での美容産業と技術に特化。帰国後は森上鍼灸整骨院の蔵書を読破する。鍼灸学校卒業後はコルセットミュージアムにて全国の患者様2000人とリモート相談をする。専門は膝の鍼灸治療、美容鍼。悩みは外国人には気にされない活舌の悪さ。愛車はルノー1100。

    資格

    • 2016年 ~鍼灸師資格を取得
    • 2017年 ~柔道整復師資格を取得

    主な経歴

    • 2009年 ~アメリカ短期留学
    • 2010年 ~イギリス短期留学
    • 2011年 ~カナダ短期留学
    • 2012年 ~ロシア短期留学
    • 2013年 ~日本大学卒業
    • 2013年 ~韓国で毎月の美容研修
    • 2016年 ~信州医療福祉専門学校卒業
    • 2016年 ~森上鍼灸整骨院に勤務

膝痛を治す膝サポーター

通院できる方へ

鍼で治すジャンパー膝

治療のプロがおすすめします

柔道整復師・鍼灸師が、あなたの症状にあった膝サポーターをメールでご提案致します。

森上鍼灸整骨院は、通販サイト「コルセットミュージアム」を運営しております。
治療の一環としてご提案している医療用膝サポーターを、通販サイトで購入することができます。
分からないことがありましたら、膝サポーターの無料メール相談にてお問い合わせください。

  • 膝サポーターの通販

    膝サポーターはこちら

  • 腰痛ベルトの通販

    腰痛ベルトはこちら

  • 骨盤ベルトの通販

    骨盤ベルトはこちら

  • 足首サポーターの通販

    足首サポーターはこちら

サポーターについて

026-248-1989

平日の 10:00~16:00

メールでの返答目安は3営業日以内です

または

治療内容や費用について

080-1042-0663

月~金 12:00~16:00 (祝は~15:00)

診察等で対応できない場合があります。

または

治療・検査のご予約

090-2469-6882

平日の 7:00~19:00 (土日・祝は~15:00)

ご要望があればお気軽にお伝え下さい。

カテゴリー