膝サポーターで治す
膝蓋軟骨軟化症

膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療に取り組む鍼灸師 膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療に取り組む鍼灸師

更新 2023.02.16

膝蓋軟骨軟化症の痛みが軽くなった

膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療で来院された 千葉県 A.S.様

友達とアミューズメント施設で遊んでいた時に膝が痛くなってしまい、痛みがしばらく続いて、膝蓋軟骨軟化症と診断されました。

このままだと仕事にも支障が出てしまうと思い、森上さんにご相談したところすごく良いサポーターを教えていただいて、普段通りの生活ができるようになりました。

千葉県 A.S.様

森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野で膝サポーターを使った膝の治療に取り組んでいます。

膝蓋軟骨軟化症は繰り返し膝に負担がかかることで、膝のお皿の裏側にある軟骨が擦れてやわらかくなり、膝周囲に痛みや違和感が起こります。両膝に軟骨を保護できるサポーターを使えば、すり減りの保護と、膝に負担をかける動きを元から整えるのに効果的となります。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

  • A.S.様が使用したサポーター


    膝軟骨のすり減りを防止

    エクスエイドニーPCL
    軟骨を保護するサポーター
    エクスエイドニーPCL

    軽度な動きを補強

    エクスエイドニーアクティブ
    動きを補助するサポーター
    エクスエイドニーアクティブ

    安静時の膝をケア

    ファシリエイドサポーター
    膝を保温するサポーター
    ファシリエイドサポーター

    POINT

    外出時や日中動くときは アルミステー入りサポーター を、家であまり動かない時は 丈が短いサポーター を使っています。寝る時は 大きめの保温サポーター をしています。

    膝が楽です!
    膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療で来院された 千葉県 A.S.様

    もう治らないのではないかとか、仕事は続けられるのかなとか色々と不安ばかりだったのですが、おすすめ頂いたサポーターをつけると本当に膝が楽になったので安心しました。また何かあれば相談させていただきたいと思います、ありがとうございました。

    千葉県 A.S.様

  • 膝の痛みが続くようになった

    痛み始めはスポーツをしていた時に

    休日に友達と色々なスポーツをして遊んでいた時、膝の周りが何だか痛いなと感じました。その日はあまり気にならなかったのですが、日が経つにつれて歩くと膝裏まで痛むようになりました。仕事は接客業で立ちっぱなしだったり荷物を運んだりの作業がメインなので辛かったです。すぐにでも病院に行きたかったのですが、欠員が出たりでなかなか休めずしばらくは痛みを我慢しながら過ごしていました。

    ようやく病院に行くことができた時、膝の裏の軟骨が痛んでいると言われて膝蓋軟骨軟化症と診断されました。

  • 治療を続けるも痛みが続く

    電気治療をしても膝が痛い

    階段はなるべく避ける、どうしても無理なときは手すりを掴まってゆっくり歩くことと、筋力のトレーニングや電気治療も1ヵ月ほどしましたが、あまり痛みは変わりませんでした。私が思うに、仕事場ではあまり安静にすることができないからかなと感じていました。

    すぐに仕事は変えられないし、かといって膝に負担をかけないこともできないしですごく困っていました。ふと、そういえば母も以前膝が痛いと言っていたことを思い出して、長野に住む母に相談することにしました。

  • 膝痛があった母親に相談

    森上鍼灸整骨院に行くように勧められた

    母に相談したら、「前から膝が痛くて水がたまるようにもなったけど、森上鍼灸整骨院でサポーターを買って使い始めたら痛みがなくなって、水も抜かずに済むようになった。痛みがあるなら早く行った方が良いよ。」と言われました。連休がある時に森上さんに行き、検査をしてサポーターを選んでもらいました。

    その後

    試着用のサポーターをつけて1歩2歩と歩いた瞬間から、痛みがかなり軽減されたのですごく嬉しかったです。アルミが入ったサポーターは着るものを選びますが、それ以外は違和感なく使えました。仕事中も本当に膝が楽で、痛みが軽くなったのはもちろん、ようやく普通の歩き方になったこともとても嬉しかったです。

  • 膝蓋軟骨軟化症にオススメのサポーター

    1番オススメのサポーター

    膝軟骨は、歩き始めやスポーツ時などの急な動きを取ることや、痛みを感じるたびに無意識のうちに体が保護姿勢をとってしまうためにすり減りやすくなります。すり減りと痛みを防ぐ場合は、側方にアルミステーが入ったサポーターを両膝に使用することがおすすめです。特に、後十字靭帯損傷用のサポーターが膝の動きの軌道を整えるのに効果的です。

    不安定感を防止し、軟骨を保護する

    後十字靭帯損傷用のサポーターは、大腿四頭筋の補強と左右へのぐらつきをしっかり防止してくれます。膝の動きの軌道を整えるのに効果的です。膝のぐらつきを抑えて歩行すると、軟骨に栄養を与える膝の油が正常に循環し、膝の回復力向上に効果的となります。

    動くことが少ない時

    ご自宅などであまり動かない時などは、膝蓋軟骨軟化症の丈の短い専用サポーターに変更し、使い分けをするのも効果的です。膝周囲をピンポイントで補強し、軽度な膝の動きをサポートします。

    膝の安静を保てる時

    膝は体温よりも温度が低く元々栄養状態が良くない部分のため、安静時や就寝時は意識して膝を温めるようにしましょう。就寝時使う場合は、むくみを防ぐため2~3サイズ程度大きめのサイズがおすすめです。

    外用薬と温浴剤

    リズミカルシンGは、のびが良く、べとつかないゲル状の軟膏剤です。炎症を鎮めて、つらい症状に効果を発揮します。薬用オンセンスは、体を芯から温める温浴剤です。薬用オンセンスを使った入浴をすることで、 神経痛や疲労回復に効果的 です。

    POINT

    膝蓋軟骨は比較的厚い軟骨なので、サポーターで膝蓋骨の軌道を整えるとすり減りを防ぐことができます。サポーターの選び方でわからないことがありましたら、ご相談ください。

  • 千葉県 A.S.様から頂いた質問

    • 膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療で来院された 千葉県 A.S.様

      A.S.様

      質問1:サポーターは肌に直接装着しますか?
      素肌に直接装着していただいた方が、ずれにくくなるのでしっかりした補強力を感じられます。もしかぶれが出ることがあれば時間を決めてお使いいただいたり、肌着や服の上からお使いいただいても良いです。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療で来院された 千葉県 A.S.様

      A.S.様

      質問2:サポーターを外すタイミングを教えてください。
      日中歩くとき動くときは常時装着していて大丈夫ですが、就寝時は外してください。就寝時にサポーターを使う場合は、大きいサイズの保温サポーターの装着がおすすめです。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療で来院された 千葉県 A.S.様

      A.S.様

      質問3:夏でも保温サポーターは使った方が良いですか?
      クーラーが効いた部屋に長時間いる場合は、夏でも膝が冷えてしまうので装着をした方が冷えから守ることができます。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療で来院された 千葉県 A.S.様

      A.S.様

      質問4:アルミステーのサポーターをずっとつけていても筋力は低下しませんか?
      アルミステー入りのサポーターを長期間使用していても、問題なく膝の屈曲や伸展が可能なので、特に筋力低下のご心配はありません。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 膝蓋軟骨軟化症のサポーター治療で来院された 千葉県 A.S.様

      A.S.様

      質問5:アルミステーのサポーターでスポーツは可能ですか?
      可能です。膝のブレを防止して靭帯や半月板、軟骨をしっかり守ることができます。但し、サッカーなどの接触プレーがあるスポーツだとアルミステーが当たって危険になることがあるので、やわらかい樹脂ステーが入ったサポーター+補強テープの併用がおすすめです。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

  • 著者情報

    私が書きました
    森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

    吉池 加奈

    鍼灸師・柔道整復師

    各国の民間医療を学ぶ。特に、韓国での美容産業と技術に特化。帰国後は森上鍼灸整骨院の蔵書を読破する。鍼灸学校卒業後はコルセットミュージアムにて全国の患者様2000人とリモート相談をする。専門は膝の鍼灸治療、美容鍼。悩みは外国人には気にされない活舌の悪さ。愛車はルノー1100。

    資格

    • 2016年 ~鍼灸師資格を取得
    • 2017年 ~柔道整復師資格を取得

    主な経歴

    • 2009年 ~アメリカ短期留学
    • 2010年 ~イギリス短期留学
    • 2011年 ~カナダ短期留学
    • 2012年 ~ロシア短期留学
    • 2013年 ~日本大学卒業
    • 2013年 ~韓国で毎月の美容研修
    • 2016年 ~信州医療福祉専門学校卒業
    • 2016年 ~森上鍼灸整骨院に勤務

膝痛を治す膝サポーター

通院できる方へ

鍼で治す膝蓋軟骨軟化症

治療のプロがおすすめします

柔道整復師・鍼灸師が、あなたの症状にあった膝サポーターをメールでご提案致します。

森上鍼灸整骨院は、通販サイト「コルセットミュージアム」を運営しております。
治療の一環としてご提案している医療用膝サポーターを、通販サイトで購入することができます。
分からないことがありましたら、膝サポーターの無料メール相談にてお問い合わせください。

  • 膝サポーターの通販

    膝サポーターはこちら

  • 腰痛ベルトの通販

    腰痛ベルトはこちら

  • 骨盤ベルトの通販

    骨盤ベルトはこちら

  • 足首サポーターの通販

    足首サポーターはこちら

サポーターについて

026-248-1989

平日の 10:00~16:00

メールでの返答目安は3営業日以内です

または

治療内容や費用について

080-1042-0663

月~金 12:00~16:00 (祝は~15:00)

診察等で対応できない場合があります。

または

治療・検査のご予約

090-2469-6882

平日の 7:00~19:00 (土日・祝は~15:00)

ご要望があればお気軽にお伝え下さい。

カテゴリー