膝サポーターで治す
滑液包炎

森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈 森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

更新 2023.05.15

膝サポーターで治す滑液包炎

滑液包炎におすすめのサポーターを購入された 富山県 S.Y.様

膝の腫れがなかなかひかず、これはまずいと思い先生に相談。 今までのサポーターはしっくりこなかったのですが、ここで初めて自分に合う膝サポーターに出会えました。

富山県 S.Y.様

はじめまして、森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野で、膝サポーターを使った膝の治療に取り組んでいます。

膝の周りには筋肉と骨の摩擦を避けるため、15種類程度の滑液包が有ります。膝が弱くなったり重心がずれたりすると滑液包に負担がかかって腫れてしまいます。こんな時は膝サポーターで膝を保護しましょう!

膝の機能を取り戻すことができます。
わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

  • 滑液包炎の治療で使うサポーター

    歩くことが多い時

    滑液包炎の専用サポーター:DXフロントニーガード
    負傷直後の膝をガッチリ固定
    DXフロントニーガード

    歩くことが少ない時

    滑液包炎におすすめのサポーター:ニーラップサマー
    再負傷を防ぐ
    ニーラップサマー

    膝の安静を保てるとき

    滑液包炎におすすめの保温サポーター:ファシリエイドサポーター
    血行の改善
    ファシリエイドサポーター

    POINT

    膝サポーターは、状況に合わせて使い分けることで効果を発揮します。歩くことが多い時は、膝周りをしっかり補強できる膝サポーターを使います。歩くことが少ない時や安静を保てる時は、軽めの動きやすい膝サポーターを使います。早めに膝の機能を取り戻しましょう!

    痛みが治った!
    滑液包炎におすすめのサポーターを購入された 富山県 S.Y.様

    休みがとれる週末だけ、鍼治療に通って、それ以外は膝サポーターで、膝を保護しています。 そのおかげで、徐々に膝の調子が元に戻ってきたような気がします!

    富山県 S.Y.様

  • 自転車通勤中に転倒して膝を強打

    通勤中に転倒

    自分は会社まで自転車で通勤しているのですが、その日はあまり睡眠が取れていないのもあってぼーっとしながら運転していました。後ろから来た車を避けようと左によったのですが、より過ぎてしまったようで側溝に前輪が落ちて引っかかって転倒。左膝を思いっきり地面にぶつけてしまいました。

    その時は結構な出血があったので焦ったのですが、血を拭って消毒を行って絆創膏を貼ったら治まったので、意外と痛みがないのもあって「ただの怪我だろうし、そのうち治るだろう」と考え、その時は放置してしまいました。

  • 痛みが長引いて近くのクリニックに

    なかなか治らない

    治るだろうと思って絆創膏を張り替えながら消毒しながら放置していていて、怪我の部分はかさぶたもとれすっかり治ったんですが膝の痛みがいつまでたっても治らなかった。

    「さすがにこれはおかしいぞ?」ということでかかりつけの整形外科で診てもらったら膝前の滑液包という部分に炎症がおきている「膝蓋前滑液包炎」と診断されました。お医者さんには湿布やお薬の処方のほか、「日常生活で膝を使わないようにすること」「しっかり固定すること」を指示され、サポーターが治療に有効だということ教えていただきました。

  • 森上鍼灸整骨院で検査・試着をさせてもらうことに

    膝サポーターを選ぶならしっかりしたところで

    日常生活で意識していても、どうしても膝を動かしてしまうので膝サポーターを探すことにしました。探すなら、せっかくなのでしっかりした所で探そうとネットで探していたところに「膝サポーターを検査、試着の上購入できます!」との触れ込みをしていた森上鍼灸整骨院さんのホームページを見つけ、富山県と長野県なので最初は距離で迷いがありましたが選んでもらうんだったら最初にしっかり選んでもらってきっちり直そうと思い立ち、森上鍼灸整骨院へ電話。検査と試着の予約をしました。そのときのスタッフの方もとても感じの良い方でホッとしたのを覚えています。

    いざ森上鍼灸整骨院へ

    最初は緊張していたのですが、あたたかい雰囲気とスタッフの方の感じも電話のとおりとても良くて緊張もスーッとひいていきました。

    自分の番がきて院長先生からの問診。自分が今心配なことをすべて話しました。検査も、モアレトポグラフィー検査で骨格の歪み、サーモグラフィー検査で血流の異常を検査。すごくしっかり検査してくれるんだなという印象でした。

    検査結果、問診、膝のサイズから自分の膝にあったサポーターを選んでくれるんですが、これがほんとにピッタリです!膝の痛みがめちゃくちゃ楽になりました。

    特に痛い時は杖を使うようにいわれたので杖も合わせてその場で購入しました。

    膝サポーターでの治療をしてから

    膝をしっかり固定しているのもあって、良くなるまでの約4週間はまったくといっていいほど膝を意識しないで生活することができました。痛いときは杖を使って。 今は問題なく自転車での通勤ができるようにまで回復しました。あのとき思い切って富山から長野まで検査しようと思って良かったなって思います。

  • 滑液包炎にオススメのサポーター

    オススメのサポーター

    滑液包炎は、大腿四頭筋のまわりを固定して滑液包を保護する丈の長いサポーターを選びましょう。そして膝サポーターは両膝に装着するようにしてください。片膝だけ固定すると、健康な方が痛みを庇って痛めてしまうおそれがあるからです。医師と相談しながらストレッチや治療を行うと、より効果が期待できます。

    歩くことが多い時

    滑液包炎は一般的に大腿四頭筋の近くの滑液包が炎症を起こす病気なので大腿四頭筋を固定することが良いとされる場合が多いです。大腿四頭筋を固定することで筋肉の動きが抑制されて炎症部分への負担を軽減することができ、これによって症状の改善が期待できます。

    歩くことが少ない時

    痛みが治まってきたり、歩くことが少ないなと思った場合は、固定力がやや低いサポーターで膝の可動域を広げても良いです。

    膝の安静を保つ

    ご自宅などで安静を保てる時は、膝を冷やさないように保温サポーターの装着がおすすめです。就寝時に使いたい場合はむくみを防ぐため 2~3サイズ程度大きめサイズ 、歩くとずれ落ちる程度がちょうど良いです。膝はもともと温度が低いため、意識して膝を温めるようにすると自然治癒力が高まります。

    外用薬と温浴剤

    リズミカルシンGは、のびが良く、べとつかないゲル状の軟膏剤です。炎症を鎮めて、つらい症状に効果を発揮します。薬用オンセンスは、体を芯から温める温浴剤です。薬用オンセンスを使った入浴をすることで、 神経痛や疲労回復に効果的 です。

    POINT

    滑液包炎を放置すると炎症が悪化して最悪手術が必要におそれがあります。膝に痛みや不安を感じたら、早めに両膝にサポーターを装着しましょう。特にひどい場合は杖も使って膝への負担を極力減らすことで、治療効果のアップ、炎症悪化の防止が期待できます。

  • 富山県 S.Y.様から頂いた質問

    • 滑液包炎におすすめのサポーターを購入された 愛知県M.I.様

      富山県 S.Y.様

      質問1:滑液包炎とは何ですか?
      まず滑液包とは、膝の内側にあり、膝が動くときの摩擦を軽減する役割を果たしていて、膝の前後にあります。そして、自転車で転倒して膝を強くうつなどして滑液包に衝撃が加わり、炎症を起こした状態を「滑液包炎」といい、膝の前の滑液包を損傷したので「膝蓋前滑液包炎」といいます。
      森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 滑液包炎におすすめのサポーターを購入された 愛知県M.I.様

      富山県 S.Y.様

      質問2:膝サポーターを着用すると、どのような効果がありますか?
      滑液包炎になったら大事なのは「膝に余計な負荷を掛けないようにする」ということです。 膝サポーターを装着すると、可動域が制限されるので、不意に無理な動きをして炎症を悪化させてしまうことを防ぎます。そして損傷箇所への負荷が軽減されるので回復力・治療期間の短縮が期待できます。
      森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 滑液包炎におすすめのサポーターを購入された 愛知県M.I.様

      富山県 S.Y.様

      質問3:治療期間はどのくらいですか?
      軽度の滑液包炎であれば、約3週間くらいの保存療法で、手術なしで回復することが多いです。損傷が重度の場合は手術が適用になり、よくなるまで約3ヶ月かかる場合もあります。
      森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 滑液包炎におすすめのサポーターを購入された 愛知県M.I.様

      富山県 S.Y.様

      質問4:両膝に装着しなくちゃいけないんですか?
      痛めたほうの膝の症状が重い場合、当院では両膝に装着いただくことを推奨しています。 膝サポーターを両膝に装着することで重心バランスが取れ、健側(健康な方の膝)が患側(痛みのある膝)を庇ってしまって痛めることを予防できます。
      森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

  • 著者情報

    私が書きました
    森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

    吉池 加奈

    鍼灸師・柔道整復師

    各国の民間医療を学ぶ。特に、韓国での美容産業と技術に特化。帰国後は森上鍼灸整骨院の蔵書を読破する。鍼灸学校卒業後はコルセットミュージアムにて全国の患者様2000人とリモート相談をする。専門は膝の鍼灸治療、美容鍼。悩みは外国人には気にされない活舌の悪さ。愛車はルノー1100。

    資格

    • 2016年 ~鍼灸師資格を取得
    • 2017年 ~柔道整復師資格を取得

    主な経歴

    • 2009年 ~アメリカ短期留学
    • 2010年 ~イギリス短期留学
    • 2011年 ~カナダ短期留学
    • 2012年 ~ロシア短期留学
    • 2013年 ~日本大学卒業
    • 2013年 ~韓国で毎月の美容研修
    • 2016年 ~信州医療福祉専門学校卒業
    • 2016年 ~森上鍼灸整骨院に勤務

膝痛を治す膝サポーター

通院できる方へ

鍼で治す滑液包炎

治療のプロがおすすめします

柔道整復師・鍼灸師が、あなたの症状にあった膝サポーターをメールでご提案致します。

森上鍼灸整骨院は、通販サイト「コルセットミュージアム」を運営しております。
治療の一環としてご提案している医療用膝サポーターを、通販サイトで購入することができます。
分からないことがありましたら、膝サポーターの無料メール相談にてお問い合わせください。

  • 膝サポーターの通販

    膝サポーターはこちら

  • 腰痛ベルトの通販

    腰痛ベルトはこちら

  • 骨盤ベルトの通販

    骨盤ベルトはこちら

  • 足首サポーターの通販

    足首サポーターはこちら

サポーターについて

026-248-1989

平日の 10:00~16:00

メールでの返答目安は3営業日以内です

または

治療内容や費用について

080-1042-0663

月~金 12:00~16:00 (祝は~15:00)

診察等で対応できない場合があります。

または

治療・検査のご予約

090-2469-6882

平日の 7:00~19:00 (土日・祝は~15:00)

ご要望があればお気軽にお伝え下さい。

カテゴリー