膝サポーターで治す
離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎のサポーター治療に取り組む鍼灸師 離断性骨軟骨炎のサポーター治療に取り組む鍼灸師

更新 2023.02.16

離断性骨軟骨炎の痛みが、サポーターで軽減!

離断性骨軟骨炎のサポーター治療で来院された 長野県S.R.様

思ったように動けなくて本人も悩んでいたみたいですが、サポーターのおかげで今では元気に友達と遊びに行ったりスポーツをしたりしています。お世話になりました。

長野県 S.R.様

森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で膝サポーターを使った膝の治療に取り組んでいます。

離断性骨軟骨炎は、膝蓋骨の裏側の軟骨が剥がれ落ちる疾患です。軟骨と骨をつなぎとめる部分の血流障害や体の傾き、股関節の硬さに左右差があることが原因として多いので、サポーターを両膝につけて体の重心を整えると、膝だけにかかっている負担が軽減できます。早めにサポーターを装着すれば、強い痛みやロッキングを防ぐことができます。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

  • S.R.様が使用したサポーター


    軟骨の遊離を防ぐ

    離断性骨軟骨炎におすすめのサポーター:エクスエイドニーPCL
    足全体の動きを整える
    エクスエイドニーPCL

    膝のぐらつきを抑制

    離断性骨軟骨炎におすすめのサポーター:ニークロス
    膝蓋骨の動揺を防止
    ニークロス

    安静時の膝をケア

    離断性骨軟骨炎におすすめのサポーター:ファシリエイドサポーター
    膝を温め安静にする
    ファシリエイドサポーター

    POINT

    日常では 丈が長いサポーター 、動くときは 丈が短いサポーターを使いました。家での安静時には 保温用のサポーターを両膝に使用しました。

    笑顔がもどりました
    離断性骨軟骨炎のサポーター治療で来院された 長野県S.R.様

    元気がない時に早く気づいてあげればよかったです。今ではサポーターの使い分けにも慣れて、以前のようにたくさん友達と遊ぶようになりました。笑顔が戻って本当に良かったです。

    長野県 S.R.様

  • 運動後は膝が痛むようになった

    運動をした日に膝が痛い

    息子が学校から帰ってきて、体育で走っている時に膝が痛くなったと言っていたのでどこか捻ったのかと思い、その日は膝を冷やして様子を見ていました。でも次の日にはケロっとして普通に学校に行けたのでほっとしていました。ですが、しばらく経ち今度はサッカーをしている時にまた膝が痛くなったと言ったので、病院につれていき検査で離断性骨軟骨炎と診断されました。

  • 膝を痛めてから元気がない

    しばらく運動を控えて安静に

    運動は控えてとにかく安静にと言われたものの、本人は友達とスポーツでは遊べずクラブ活動もできないのであまり元気がない様子でした。また、イライラしていることが増えて家では長男との喧嘩が頻繁に起こっていました。このまま満足に動けないストレスを感じたまま過ごさせるのは可哀そうだったので、怪我をしていても動ける方法を探していたところ森上鍼灸整骨院のホームページを見つけてご相談させていただきました。

  • サポーターのおかげで動けるように

    サポーターを試着して購入

    森上さんでサポーターをいくつか試着して、サッカーでも使えるものが良かったのでスポーツニーガードをオーダーで注文することにしました。ただ、オーダーは時間がかかるということで、少しサイズは大きめでしたが装着はできたのでエクスエイドニーPCLをひとまず購入。本人が使いこなすのが難しければ、長男の膝の保護に使おうと思っていました。あとはサイズがぴったりだったニークロスとファシリエイドサポーターを購入しました。

    その後

    心配でサポーターをたくさん買ったものの使ってくれるのか少々不安ではありましたが、サポーターをつけていると膝が全然痛くないととても喜んでいたので、ニークロスは自分でつけてクラブに行っています。スポーツニーガードやエクスエイドニーPCLはまだ自分でつけるのが難しいようで私がつけてあげていますが、つけ方を練習中です。サポーターで膝の治療ができるのかと最初は半信半疑でしたが、直接先生からのお話を聞いて、症状に合わせた使い方をすれば自然と痛みがなくなっていくのだなと実感しました。本当にありがとうございました。

  • 離断性骨軟骨炎にオススメのサポーター

    オススメのサポーター

    離断性骨軟骨炎は初期だと安静にしていれば治りますが、剥がれた軟骨が遊離すると関節の間に挟まりやすくなって、強い痛みやロッキングが起こりやすくなります。手術とならないようにするには、サポーターは後十字靭帯損傷用を両膝に使うと、足全体の動き矯正やバランス改善に効果的となります。

    強い痛みや軟骨の遊離を防ぐ

    後十字靭帯損傷用のサポーターを使うことで大腿四頭筋が補強でき、膝の動きがしっかり安定します。かみ合わをしっかり整えておけば軟骨面が綺麗に治りやすくなるので、将来軟骨の変形が出にくくなります。

    膝の保護や安定感保持に

    症状が少しずつ改善してきたときや、膝周囲を補強したい場合は上下丈が短いサポーターに変更すると良いです。膝の安定を保持しながら、自然な膝の動作が可能です。また、ご自宅での軽度な動き補強にもおすすめです。

    安静時の膝をケア

    安静時は、保温サポーターを装着して膝を温めるようにしましょう。離断性骨軟骨炎は、温めることで血行の改善痛みの軽減に効果的となります。

    外用薬と温浴剤

    リズミカルシンGは、のびが良く、べとつかないゲル状の軟膏剤です。炎症を鎮めて、つらい症状に効果を発揮します。薬用オンセンスは、体を芯から温める温浴剤です。薬用オンセンスを使った入浴をすることで、 神経痛や疲労回復に効果的 です。

    POINT

    離断性骨軟骨炎は、関節の適合が悪く軟骨がぶつかり合うことで起こります。症状にあったサポーターを使うことで、軟骨の不安定が防止されて回復力が高まります。サポーターの選び方でわからない時はご相談ください。

  • 長野県 S.R.様から頂いた質問

    • 離断性骨軟骨炎のサポーター治療で来院された 長野県S.R.様

      S.R.様

      質問1:サポーターは子供でも使えますか?
      子供用大人用と定められていないサポーターは、サイズが合えばお子様でもお使いいただけます。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 離断性骨軟骨炎のサポーター治療で来院された 長野県S.R.様

      S.R.様

      質問2:丈が長いと動きにくくなりませんか?
      上下の丈が長いサポーターでも、軽量でソフトな材質でできているものが多いのであまり動きの妨げにはなりません。むしろ太ももまで支えたほうが安定感が出るので、より安心して動くことができます。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 離断性骨軟骨炎のサポーター治療で来院された 長野県S.R.様

      S.R.様

      質問3:片膝だけ痛くても両膝に使った方が良いのですか?
      離断性骨軟骨炎は股関節の動きに左右差があったり、背骨の側彎があったりすると重心が傾いて発症しやすくなります。サポーターは膝の痛みを回避して安静を保つ目的ももちろんありますが、重心を整えるという意味で両膝にお使いいただいた方が、元から膝の動きを治すのに効果的です。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

    • 離断性骨軟骨炎のサポーター治療で来院された 長野県S.R.様

      S.R.様

      質問4:子供でも自分でつけられますか?
      ベルトが多いものや硬めの材質なもの、手を後ろに回してマジックテープを留めるタイプのサポーターだと、装着する練習が必要になってくると思います。足から履くものや、ベルトが前側のみあるサポーターだと比較的簡単に装着できます。
      鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

      吉池 加奈

  • 著者情報

    私が書きました
    森上鍼灸整骨院 鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

    吉池 加奈

    鍼灸師・柔道整復師

    各国の民間医療を学ぶ。特に、韓国での美容産業と技術に特化。帰国後は森上鍼灸整骨院の蔵書を読破する。鍼灸学校卒業後はコルセットミュージアムにて全国の患者様2000人とリモート相談をする。専門は膝の鍼灸治療、美容鍼。悩みは外国人には気にされない活舌の悪さ。愛車はルノー1100。

    資格

    • 2016年 ~鍼灸師資格を取得
    • 2017年 ~柔道整復師資格を取得

    主な経歴

    • 2009年 ~アメリカ短期留学
    • 2010年 ~イギリス短期留学
    • 2011年 ~カナダ短期留学
    • 2012年 ~ロシア短期留学
    • 2013年 ~日本大学卒業
    • 2013年 ~韓国で毎月の美容研修
    • 2016年 ~信州医療福祉専門学校卒業
    • 2016年 ~森上鍼灸整骨院に勤務

膝痛を治す膝サポーター

通院できる方へ

鍼で治す離断性骨軟骨炎

治療のプロがおすすめします

柔道整復師・鍼灸師が、あなたの症状にあった膝サポーターをメールでご提案致します。

森上鍼灸整骨院は、通販サイト「コルセットミュージアム」を運営しております。
治療の一環としてご提案している医療用膝サポーターを、通販サイトで購入することができます。
分からないことがありましたら、膝サポーターの無料メール相談にてお問い合わせください。

  • 膝サポーターの通販

    膝サポーターはこちら

  • 腰痛ベルトの通販

    腰痛ベルトはこちら

  • 骨盤ベルトの通販

    骨盤ベルトはこちら

  • 足首サポーターの通販

    足首サポーターはこちら

サポーターについて

026-248-1989

平日の 10:00~16:00

メールでの返答目安は3営業日以内です

または

治療内容や費用について

080-1042-0663

月~金 12:00~16:00 (祝は~15:00)

診察等で対応できない場合があります。

または

治療・検査のご予約

090-2469-6882

平日の 7:00~19:00 (土日・祝は~15:00)

ご要望があればお気軽にお伝え下さい。

カテゴリー